婚活と恋活のススメ

アラサーと言われる30代女子が婚活について書いたサイトです。
MENU

丸の内のOLの婚活とは?

では、どんな人たちが結婚していないのか?まず、女性のほうから見ていきましょう。

 

結論から申し上げると、ふつうのお嫁さんになりたいタイプの人ほど結婚できない。

 

つまり、従来型の結婚のパターンを求める人ほど、結婚できないでいます。

 

従来型の結婚というのは、男性に経済的に依存したい、男性がメインで稼いでほしいということです。

 

総合職ではなく、一般職や派遣で上場企業などに勤める女性によく見られるタイプで、実際、その多くが、結婚相手に今の自分の二倍の年収を望んでいます。わたしは、これを「年収二倍の法則」と名づけました。

 

なぜ、「年収二倍」なのかというと、結婚当初は自分も働きますから、当面、生活水準は下がらないのですが、子どもができて子育てをしている聞は仕事をしないという前提です。その問、自分が稼いでいたぐらいの金額はプラスアルファで夫に稼いでもらわないと困ります。

 

となると、仮に自分の年収が現在四百万円だとすると、その倍の八百万円の年収の人とでなければ結婚したくないと、こうなるわけです

 

世の中は、女性の住事と子育ての両立支援をうたっても、まだまだ両立に高いハードルを感じている女性が多いということです。

 

もちろん、そんなふうに数字を出すのは、晶、か悪いということで、インタビューすると、「ハロッズのスlツをシーズン毎に買えるくらいの生活」とか「年に一度でいいから、家族で海外旅行に行けるようでないと」となります。

 

かくして、従来型の「男性に依存したい、男性がメインで稼いでほしい」という結婚を望みつつ、丸の内などでOLをしているような女性たちが、条件(経済や望むライフスタイル)が整い、なおかつ「ときめ会己を共有できるような男性と出会えるチャンスは非常に少ないということです。

キャリアウーマンも男性の好みは同じです

さて、結婚したいのにできていない、もう一つのパターンは、いわゆる絵に描いたようなスーパーキャリアウーマン・タイプの女性です。

 

美人で、仕事もできて、センスもいい。仕事ができるだけではなくて、料理も上手にパパッと作るし、みんなを呼んでパーティーもできる。趣味も広くて、お茶会に行ったり、フラメンコとか日本舞踊をやっていたり、もちろん、ゴルフもできる。そういうスーパーウーマンたちも、やはり残っているわけです。

 

なぜかというと、こういうスーパーキャリアウーマンもまた、結局、先の依存型の女性と同じタイプの男性と結婚したがっているからです。

 

依存型の女性が結婚できていない理由は、彼女たちが望むライフスタイルを実現できる29経済的な裏づけをもっ男性の絶対数が圧倒的に少ないからでした。

 

ところが、キャリアウーマンタイプ、つまり、自分で年収八百万以上は稼ぎ、だれかを養うこともできる自立型の女性たちが望むのも、要は依存型の女性と同じく八百万円以上は稼ぐ男性です。頭のいい彼女たちは、年収云々は口には出しませんが、たとえば、外資系に勤めていたり、留学経験のある女性たちの場合、「せめて日常会話程度の英語ができる男性でないと。

 

女性の足

 

友だちのパーティーなどで夫が一人ぽつんとしてしまうと困りますから」とよく言います。

 

要するに、自分より上の男。仕事のできる女性は自分より仕事ができる男性を望むわけです。年収も自分より上か、せめて同じぐらいで、自分の仕事に理解がある。かっ、センスとかライフスタイルも合うすてきな男性、コミュニケーション力の高い男性(女性たちはよく「会話のキャッチボールができる人」という言い方をします)。七0年代半ばぐらいまでの生まれの女性は、ほとんどみな、そうです。日本女性は本来、上方婚志向なのです。

 

つまり、依存型の人も自立型の人も、実は、まるで同じ男性が好みなのです。

 

では、貴重というか希少な、そういう男性は、どういう女性を好むかというと、基本的30には、自分をバックアップしてくれる旧来型の女性です。それこそ、自立型の女性が仕事に遁進している聞に、依存型の女性のうちのごく一部の目先のきく女性たちに根こそぎ刈り取られてしまっていて、市場には、ほとんど残っていません。

 

かくして、ふつうの依存型の女性は、「条件」と「恋愛」が両立できる相手になかなか出会えず、自立型の女性たちは、「結婚」と「自分」を貫くことの両立に迷う結果、中高年の婚活になるわけです。

このページの先頭へ