婚活と恋活のススメ

アラサーと言われる30代女子が婚活について書いたサイトです。
MENU

しぐさで好感度アップ

「しぐさがきれいだね」と、ほめられたことありますか?

 

写真やグラビアを当してではなく、実際に面と向かって人と接するほとんどの大人の女たちにとって、『美しいしぐさ』『女らしいしぐさ』は、いい女を決める必須科目。

 

先日あった女性も、先日ホテルのラウンジで知り合った男性に、「君って、本当にクラス感があるよねえ」と褒められて。

 

「どうして?」と尋ねたら、「見た目もだけど、しぐさがエレガント。ホテルが似合う…」と言われました。

 

まあ、身近な方々には『土手焼き屋でも下町でも、どこでも似合うのがすごいよね・・・」と驚かれるんですけどね。

 

それはさておき、銀座時代、『女がエレガントに見えるポイントって何だろう?」ってホステスのお姉さんたちを観察して分かったことは、どんなに酔っぱらって体勢がくにゃっとしていたとしても、体の芯、中心線はしゃんとしているってこと。

 

マナースクールに通って、歩く姿や挨拶、食事の作法なんかが上流階級並みにびしっとしているからもてるのかというと、私はビミョーに違うと思う。

 

男がふとひきつけられたりするのって、『しなやかかつ強靭』『柔らかそうだけど、一本芯は通ってる』

 

たとえて言うと、毛並みの良い猫や野ばらのような…男心が吸い込まれるのは、たぶんそういうたたずまい。

 

まずはそこを押さえたうえで、さらに素材を良く見せるためのポイントも。それは今も昔も、美女と呼ばれる人々や、銀座で働くホステスたちに共通する「首が長い」という事実。

 

これって品があって優雅な印象相手に与えるんだよね。

 

実際に生まれ持った首の長さは代えられないけれど、首を長く見せようとすることはできるはず。それだけで姿勢が良くなるし、デコルテをきれいに見せようって意識するようになるでしょ?

 

首一つを意識し始めるだけで、いろんなところに気を使うようになるのです。

女子のギャップも大事だよ

それから「ギャップ」はやはり男のツボ。

 

身振り手振りを交えてワーッと喋り捲ったかと思ったら急に伏し目がちになって黙る、って私は良く指摘されるのですが、男の子って「あれ?どうしたのかな?」って気になるみたい。

 

意識してやっているつもりはないんだけど…(慌ててどうなるの?)って常に思っているし、昔からのマイペースで。

 

そもそも、デート中に気張る必要はないと思うんです。

 

試合が終わるまでラリーを続けるなんて疲れるだけ。

 

たまには『やーめたっ!』ってラケットをぽいっと捨てちゃってもいい。

 

そんな余裕と遊び心はあってもいいのでは?

 

余談ですが女が“首”だとしたら男は“耳たぶ”。私の観察データによると、銀座で遊ぶ男たちの耳たぶは、昼間のサラリーマンに比べると見事に厚みが違ったの。

 

解消や将来性のある彼を選びたいなら…耳たぶをチェックしてみて。

このページの先頭へ