婚活と恋活のススメ

アラサーと言われる30代女子が婚活について書いたサイトです。
MENU

女性のビジュアルレベルの上昇

女性も男性を「経済力」という記号で判断しているじゃないかという声が聞こえてきます。たしかに、女性の「経済力へのこだわり」に相当するものが、男性の「外見と年齢」へのこだわりかもしれません。

 

しかし、女性のこだわりは現実に立脚したものであるのに対し、男性のこだわりはファンタジーだと思います。女性は、男性の高水準のビジュアルや若さへのこだわりに応えて、どんどん外見を磨いていますから、今や女性一般の外見のレベルは非常に上がっています。これだけ、おしゃれや見た目年齢にこだわる女性が多いのは、日本だけではないでしょうか。

 

なかには、デビッド・ベッカムのような外国人に走る女性もいますが・・・そうなると、結婚ビザの取得という、別な問題が出てきます。

 

ところが、そうやって、ビジュアル的なスコアの高い女性がたくさんメディアなどに露出するようになると、男性が自分の相手に求めるビジュアルのハードルも、それに応じてどんどん高くなる、という心理学者の報告を読んだことがあります。鶏が先か、卵が先か?いずれにしろ、高いビジュアルレベルを求める見た目重視社会は、カップリングの成立にマイナスとなり、男女がお互い首をしめてしまうことになるようです。

 

二次元の女性に逃げ込む男性

さて、男性たちが求める、若くて美しい女性は、当然競争率も高いものです。いつも「無理め」の女性に交際を申し込んでは断られている人がいますが、断られていてばかりでは、女性とつき合う経験値は上がりません。その結果、ますます断られてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

でもほんとうは、断られでもあきらめずにチャレンジできる人はまだいいのです。

 

動物学者の人から聞いた話ですが、人間のオスが、メスにセックスアピールを感じるかどうかは、視覚的な情報に左右されるところが大きく、なかでも、ヒップ対ウエストの比が3:7の女性に惹かれるという研究結果があるそうです。すると、どういうことが起こるのか?二次元の中にそういうフォルムがあると、それに幻惑されてしまう男性もいるということです。現に、出現しています。

 

現実の理想の女性たちとつき合うことのハードルの高さに、「二次元でいいや」となってしまう男性が多いのも無理はないのかもしれません。

このページの先頭へ